城下町のご案内(伊万里)

秘窯の里 大川内山

秘窯の里で伊万里焼の歴史に触れる

秘窯の里 大川内山

1675年佐賀鍋島藩は藩窯を有田から大川内山へ移し、より高い品質の保持と技法の維持に努めました。そしてその技法が他に漏れないように険しい地形を利用し、入口には関所を設けて職人たちを厳重な監視下に置いていました。
藩窯の職人たちは、大名や将軍家、朝廷に献上する品々を類い希な技術と情熱で明治まで焼き続けたのです。今では、それらの焼物は鍋島と呼ばれていますが、その技法を受け継いだ窯元群があるのが大川内山で、現在の伊万里焼の中心となっています。
大川内山は多くの窯元が谷間に軒を連ね、路地裏にも華麗な焼物が並んでいます。
また、鍋島藩窯公園の深い森の中に色々なオブジェや江戸時代の窯跡があり、時間を忘れて焼物三昧が楽しめます。

伊万里焼の特徴
鍋島染付 色鍋島 鍋島青磁
鍋島染付 色鍋島 鍋島青磁
透明感のある白磁に、藍一色の染付を施します。この染付に使う呉須の色が特徴で、凛とした美しさが醸し出されています。 白磁の肌に染付で文様を描き、本焼きをした後、赤・黄・緑を基調にした上絵を施して、再度焼き上げます。陶磁器の最高峰として、その美しさを誇っています。 大川内山から産出する青磁原石を用い、何度も青磁釉をかけては焼き、艶やかで神秘的な、独特の色合いが醸し出されています。


鍋島藩窯公園

この公園は、秘窯の里大川内山の歴史文化資産の保護顕彰と、憩う施設を有機的に配置したもので、焼物の里ならではの特色ある公園です。鍋島藩として栄えた歴史と、土と炎の芸術「伊万里焼」の全てが息づいています。

陶工の庭と唐臼 御細工場と陶工の家 ポケットエリア
陶工の庭と唐臼 御細工場と陶工の家 ポケットエリア
当時、陶石を砕いていた唐臼が復元され、めおとしの塔が澄んだ音を響かせています。 藩窯当時の建物を再現しています。 自然の中に、焼物のオブジェがあります。
登り窯 古窯跡 大川内山のシンボル関所
登り窯 古窯跡 大川内山のシンボル関所
昔ながらの薪で焚く登り窯で、藩窯で培われた技法により、献上品の焼成などに使用されています。 藩窯公園では、お経石窯跡と清原窯跡の2ヵ所が発掘調査されています。 藩窯時代関所にとって閉ざし、秘法を守った大川内山にふさわしく、関所を再現しています。


伊万里TOPに戻る